« 2022年(令和4年)元日の更新、今年の予定が確定しているのは運転免許証更新だけです | トップページ | 2021年度の冬記録(1回目) »

2022年1月 3日 (月)

2022年今年の抱負 万年筆と万年筆インク編

セーラー万年筆の公式サイトには

ボトルインクは約3年を目安にお使いいただくことをおすすめいたします。

という記述があります。

ネット上では「ボトルインクは開封してから3年程度を目安」という説が出ています。

これをふまえて、2022年の万年筆と万年筆インクの抱負を記載してきます。

・日記用

昨年同様、日記にはセーラー万年筆のプロフィット21金 長刀Bニブ(中古で購入)と、モンブランの没食子(古典)インク版のミッドナイトブルーを使います。
没食子インク版のミッドナイトブルーは箱の封印シールに記載されていたと思う消費期限は過ぎていますし、開封から3年以上経過しています。
ただ、出が渋いということが今までないので、使い続けています。

昨年3月に無職になってから書くことが減っていますが、なんとか一ヶ月に一回は吸入していきたいと思っています。

・ブログの下書き用と使用金額記録用

2021年の目標(万年筆とインク編)達成状況

より、文面をわかりやすくしたものです。

万年筆 紫の上とインク 若紫(どちらもキングダムノートオリジナル、製造はセーラー万年筆)の組み合わせだと、飾り原稿用紙だとスムーズにインクが出ますが、それ以外の紙だと途中でインクの出が渋くなります。

という状況なので、ブログの下書きをメインに使います。
飾り原稿用紙が無くなったら、A4のコピー用紙を下書き用として使いますが、その時にその紙との相性が悪ければ、このインクを捨てて別のインクで実験することにします。
実際、セーラー万年筆製の若紫インクは製造から3年経過していますので。

・モーニングページ(実際はナイトページ)やその他メモ書き用

これは、パイロット カスタムURUSHI(万年筆)とパイロット 色彩雫 深海(インク)を使います。
昨年6月頃から使い始めていて、今のところ半分程度インクを使っています。
このまま使っていけば、今年中に消費しきれるのではないかと思っています。

今使っている深海の50mlインクボトルは、ボトル底面に製造年月が記載されています。
2018年5月製でしたので、今年5月で製造から4年ということになります。

| |

« 2022年(令和4年)元日の更新、今年の予定が確定しているのは運転免許証更新だけです | トップページ | 2021年度の冬記録(1回目) »

万年筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年(令和4年)元日の更新、今年の予定が確定しているのは運転免許証更新だけです | トップページ | 2021年度の冬記録(1回目) »