« Nifmoの申込進行状況(2022年8月24日) | トップページ | auからNifmoに切り替える際にミスったこと その1 ツルハポイントアプリ編(登録メールアドレスがezweb.ne.jpのままだったため) »

2022年8月31日 (水曜日)

NifmoからSIMとAQUOS SENSE6(SH-M19A)到着とセットアップ

・到着

配送業者は佐川急便です。
休みの日に日付指定(住んでいる地域は時間指定不可)で再配達を依頼しました。
配達の方が来て、クレジットカードで代引きの支払いをしました。
なお、nifty側の都合で代引き発送になるため、代引き手数料はniftyが負担しています。

・開封
SIMカードとSH-M19A、納品書とMNP開通手続の案内(それぞれA4で1枚)、設定マニュアルの冊子が入っています。

SH-M19Aの箱には、本体、USB-AメスとUSB-Cオスのコネクタ、簡易マニュアルが入っています。
上記コネクタは、旧機種とSH-M19Aでデータ移行するためのもので、USB-AとUSB-Cでの充電ケーブルをデータ移行用として使うために入っています。

・セットアップ開始

SIMとSDカードスロットは指だけで開けられるようになっています。

SIMカードを切って、SIMソケットに入れてセットアップ開始です。
この時点でMNP切替を行っていないため、Wi-Fiで本体のセットアップを行います。
最初から日本語での設定がされているため、画面の指示に従っていくことで、簡単に終了しました。

その後、手持ちのUSB-C同士のケーブルで、旧機種とSH-M19Aを接続し、データ移行が終了しました。
添付されたコネクタを使用することはありませんでした。

ここまで時間にして1時間半くらいで終わっていました。

・あってよかった「紙のマニュアル」

APN設定を行っても、いっこうにSH-M19で4G接続がされません。
ここで、先ほど記載した紙とマニュアルの冊子があることに気付き、冊子に記載されている「MNP開通手続」を行いました。

午後6時前でしたので、数分で手続が完了し、SH-M19に「docomo」の表示が付き、長年使用してきたauとお別れになりました。

| |

« Nifmoの申込進行状況(2022年8月24日) | トップページ | auからNifmoに切り替える際にミスったこと その1 ツルハポイントアプリ編(登録メールアドレスがezweb.ne.jpのままだったため) »

スマートフォン(スマホ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Nifmoの申込進行状況(2022年8月24日) | トップページ | auからNifmoに切り替える際にミスったこと その1 ツルハポイントアプリ編(登録メールアドレスがezweb.ne.jpのままだったため) »